AudioComm HP-B900N[ 2010 / 04 / 11 ]

付属品と外観の画像です。

AudioComm HP-B900N

パッケージ表 パッケージ裏

AudioCommのカナル型インナーイヤーヘッドホンHP-B900N-K(白はHP-B900N-W)です。

パッケージの謳い文句には以下のように書かれています。

指揮者の鼓動、奏者の位置をも表現する
高域特性と感度に優れた
バランスド・アーマチュア型ドライバを搭載
微細な音までクリアに再生

付属品

パッケージの中 キャリングケースの中身

パッケージを開くとイヤホンとキャリングケースが見えます。イヤーピースなどはキャリングケースの中に収められています。キャリングケースはShureのイヤホンに付属する物と似た固いケースです。

サウンド・アイソレーティング・フォーム

サウンド・アイソレーティング・フォームです。KOSS SparkPlugに付属しているイヤーチップによく似ています。

シリコン・イヤーチップ

カナル型イヤホンではおなじみのシリコン・イヤーチップです。S,M,Lの3サイズが付属します。Mサイズはイヤホンに初めから付いている物を外して写真を撮っています。

携帯電話用 平型変換コネクタ

携帯電話用 平型変換コネクタです。

外観

ステレオミニプラグ

接続端子は金メッキがされたステレオミニプラグです。端子部分は他で見ない細い作りになっています。

Y字分岐部分

LとRに分かれるY字分岐の部分です。ケーブルの分岐箇所を調節できるパーツが付いています。

ハウジング ハウジング反対側

ハウジングの片側は光沢があり、その逆側は艶消しのような状態になっています。

ハウジング側面

ハウジングの側面にはLとRの彫り込みがされています。

E4cとの比較

ノズルはE4cより若干長いです。ノズルの太さはE4cが約3.34mm、HP-B900Nが約3.38mmと近く、Shureのイヤーチップの流用ができそうです。

SHURE トリプルフランジ・イヤパッド

Shure純正のトリプルフランジ・イヤパッドを取り付けてみました。普通に取り付ける事ができて遮音性もばっちりです。この3段キノコは個人差で耳に入らない事もあるので購入には注意が必要です。苦もなく付けられるなら最高のイヤーチップになるかもしれません。

ノズルの向き

E4cとノズルの向きが同じで、ケーブルを耳の裏に引き回す、いわゆるShureがけをする事もできます。E4cでのShureがけは皮膜割れと断線の引き金になってしまいましたが、この機種でもそうなるかどうかは分かりません。ケーブルの表面の質感はゴムっぽい?

上のノズルの長さ比較の時に使った画像では、E4cもこれも文字が逆さまになっているので、このHP-B900NでもShureがけが前提なのかも知れません。普通に付けると「AudioComm」の文字が逆さになります。もちろん普通に付ける事もできます。

仕様

形式インピーダンス感度許容入力再生周波数帯域長さ
BA型29Ω117dB10mW20~20000 Hz120cm

E4cでもそうでしたが無音時のノイズを拾いやすいです。何か音楽が流れていると聞こえなくなりますが。特に無音で使う事が多くノイズのあるノートPCなどで使う場合は結構気になるかも知れません。小音量でも大きな音になるので初めて使う場合は音量に気をつけてください。