maxell HP-CN12[ 2013 / 05 / 05 ]

分解をしてケーブルを取り外します。

HP-CN12

パッケージ まめ型コードキーパー

マクセルの安価なカナル型イヤホンHP-CN12です。3種の大きさのイヤーチップの他に、まめ型コードキーパーという物が付属しています。

オーバル型ポート ポートサイズ

音が出る部分は楕円(オーバル型ポート)になっています。変則的な形ですがイヤーチップは一般的な大きさです。

ケーブルと端子 付属品一覧

ケーブルはY字でからみ防止のパーツが付いています。

仕様

形式ユニットインピ感度入力周波数長さ端子質量
ダイナ
ミック
10mm16Ω100dB/mW50mW20~22kHzY字
1.2m
3.5mm
ストレート
13g

再生周波数帯域が、安価なヘッドホンではおなじみの人間の可聴周波数20~20kHzではなく、上限が22kHzになっています。

分解

ハウジングの隙間 ラジオペンチでつぶす

ハウジングののつなぎ目の隙間にマイナスドライバでこじ開けようとしましたが手応えはなく、手元が滑って手にドライバを突き刺してしまいました。そこで安全策をとってラジオペンチでつまんでみたところ少し開きました。

ハウジングの分解 ドライバーユニット

開いた隙間にドライバを差し込んで開きました。画像は左側ですが、右側は緑色の線の代わりに赤い線が使われています。

ハウジングを両方分解 ケーブルを外す

もう片方のハウジングもラジオペンチでつまんで分解しました。ドライバーユニットの端子部分にハンダを当ててケーブルを外しました。なかなかハンダが溶けないので追いハンダをして外しています。

取り外したケーブル

ストッパー代わりの結び目をほどいてハウジングからケーブルを外しました。これをE4cのケーブル交換に利用しています。