SHURE E3c[ 2014 / 05 / 28 ]

筐体が欠けたE3cを分解します。

分解

E3c ノズルの直径

シュアのBA型イヤホンのE3cです。ノズルは他のShureのイヤホンとだいたい同じサイズです

破損箇所

先端が取れている 破損部分

片側だけ何度か踏んでしまい先端部分の付け根が欠けて固定できなくなっています。E4cは先端部分の交換が可能でしたが、E3cははめ込み式で着脱はできなくなっています。

壊れた左側の分解

手前側つなぎ目 上側つなぎ目

E3cの筐体は接着されていて、つなぎ目が見えます。

つなぎ目に刃を滑り込ます 隙間からこじ開ける

そんなつなぎ目にカッターの刃を滑り込ませます。刃で筐体の樹脂は削らないように注意し、隙間にねじ込むように入れます。押し込みすぎると中の黒いゴムのような部分を切ってしまうので気をつけてください。

刃をねじ込んでいくと筐体に隙間ができるので、刃の背中部分を入れてテコでこじ開けます。刃を入れる時、中の黒い部分を切らないように気をつけます。

筐体が開いた 筐体の中身

筐体が開いて中のBAユニットが見えます。

精密ドライバで持ち上げる BAユニットを外す

BAユニットは軽く張り付いているので精密ドライバで持ち上げます。

BAユニットのアサイン

画像上側がプラスで絶縁テープの下の部分がマイナスです。