audio-technica ATH-SJ1[ 2013 / 05 / 13 ]

分解と部品取りをします。

ATH-SJ1の分解

ATH-SJ1 折れたバンド

オーディオテクニカの安価な携帯用ヘッドホンATH-SJ1です。ヘッドバンドが折れているので分解して部品取りをします。

折りたたみ 反転

携帯用ではおなじみの折りたたみや反転機構があります。

ハウジング イヤーパッドの取り外し

イヤーパッドは外枠の溝にはめて固定されているので、パッド内側に指を入れて外側に引っ張れば外せます。

パッドサイズ ハウジングサイズ

パッドとハウジングのサイズです。ハウジングの赤丸部分のネジを外すと開く事ができます。

ハウジング内部 ユニットの枠込みのサイズ

ハウジング内部です。ドライバーユニットは外枠を含めると40mmぐらいですが、単体ではもう少し小さくなります。

ケーブルの取り外し

右ユニットのピンアサイン 左ユニットのピンアサイン

ユニットの端子は画像左側がプラスになります。

ケーブルのハンダを外す ケーブルの結び目

端子部分にハンダごてを当てて端子からケーブルを外しました。そのあとケーブルストッパー代わりの結び目をほどくと、ケーブルをハウジングから取り外せます。

取り外したケーブル ケーブル付け根のゴム

取り外したケーブルです。ハウジングの下に付いているケーブル保護のゴム部品もついでに回収しておきます。

ドライバーユニットの取り外し

ユニットの接着剤 持ち上げたユニット

端子付近の接着剤をカッターで削って、ユニットのマグネット(出っ張っている)部分をつかんで持ち上げたら外れました。この接着剤の部分は後述の細い線が通っているので慎重に行う必要があります。

プライヤーでユニット外し プライヤーで付いた傷

もう片方は素手で外せなかったので、プライヤーでつかんで外しましたが傷が付いてしまいました。

ユニットのサイズ ユニット内部の線

ユニットのサイズは外枠がないと36mmです。上で触れたユニット内の線は外側の黒い接着剤の部分を通って端子にハンダ付けされています。

ヘッドバンドの分解

バンドのネジ バンド内側をスライド

バンド内側にあるネジを外し、ネジ穴に先の細い針などを差し込んで軽く持ち上げると、ハウジングの方にスライドさせる事ができます。

バンドの分解

分解できました。

バンド先端可動部のネジ 可動部のパーツを外す

バンドの先端にある可動部のネジを外し、ネジ穴に先の細い針などを差し込んで軽く持ち上げると、この部分のパーツを外す事ができます。

可動部の分解

ネジ止めされていたパーツを外した後、適当に引っ張ったら可動部分が外れました。

破損箇所

バンドの折れた場所です。負荷がかかる場所なので、こうなってしまうと補修は難しいでしょう。