DC3.3V/2A BUFFALO製ルーター用ACアダプタ

[ 2014 / 03 / 29 ]

プラグを交換して他の機器で使えるようにします。

BUFFALO 無線LANルーター用ACアダプタ AT7081A

AT7081A 仕様

00年代前半頃のバッファロー製無線LANルーターで使われていたACアダプタです。

使用プラグ

MP-201LN プラグの大きさ比較

先端が細いプラグに交換します。購入したのはMP-201LNでL字の下にケーブル保護の部品が付いています。無印のMP-201は形状がストレート、MP-201LはL字で下の保護部品が付いていません。電圧区分1は3Vぐらい機器で使われ、ゲームボーイポケットやソニーのBluetooth製品などの小型機器が採用していました。

名称価格販売店
マル信無線電機 MP-201 極性統一DCプラグ 電圧区分1\70千石電商
マル信無線電機 MP-201L 極性統一DCプラグ 電圧区分1\70千石電商
マル信無線電機 MP-201LN 極性統一DCプラグ 電圧区分1\100千石電商

プラグの分解

プラグの開け方 プラグのオープン

このプラグは画像のあたりをマイナスドライバーで押すと開きます。

プラグの中身 端子のピンアサイン

開けばプラグ内の部品を取り出せます。

プラグ交換準備

ケーブルの末端 元のプラグをカット

元のプラグを切ります。

被膜を剥ぐ シールド線をねじる

ケーブルの被膜を剥ぎ、シールド線をねじってまとめます。

芯線の被膜を剥ぐ

芯線の被膜を剥ぎます。

ケーブル保護部品

ケーブル保護部品を付け忘れているのに気づきました。ハンダ付け後は取り付けできません。

芯線の取り直し

端子に取り付けようとしたら芯線の長さが足りなかったので、もう一度被膜を剥いでいます。

プラグ取り付け

爪で固定

爪でケーブルを固定します。ケーブルを引っ張っても外れないようにします。なかなか固定しづらいので、何度かラジオペンチでつかみながら爪をケーブルに軽く食い込ませてください。食い込みが深いとショートします。

芯線をハンダ付け シールド線をカット

芯線をハンダ付けします。シールド線を半分程度に切ります。

シールド線をハンダ付け

シールド線をハンダ付けします。裏側にするつもりでしたが、うまくできなかったので爪の横側にハンダ付けしています。

プラグケースに収める 完成

ハンダ付けが済んだらプラグのケースに部品を収めます。完成したらテスターでショートをチェックし、問題なければコンセントに接続して電圧や極性の確認を行います。このプラグは細いので、抵抗やコンデンサの足の切れ端をプラグの穴に差し込むとテスターで測定できます。