スタードメインへの移管とサイトの移転

[ 2012 / 09 / 04 ]

ドメインをスタードメインへ移管し、そこでドメイン取得後に使える無料レンタルサーバーへサイトの引っ越しをします。契約の流れは2011年8月頃の内容のため今後変更になる可能性があります。

ドメイン

「~.com」や「~.jp」などのアドレスで、このサイトなら「torapo.com」となります。これら独自ドメインはドメイン管理会社に申請して取得します。取得時と1年ごとに費用がかかり、更新を忘れるとドメインを失うリスクがあります。更新費用は.com(約1000円)や.jp(約3000円)などのドメインの種類や、取得の申請をした管理会社によって変わってきます。

維持に手間と費用がかかる一方でサイトの移転が容易になるなどのメリットもあります。今回はドメインの移管だけでなくサーバーの変更もしていますが、移転先にデータをコピーして少し設定をしただけで移転が完了しました。無料ホームページサービスなどで用意されたアドレスから移転をする場合、旧サイトに移転先の案内を用意する必要があったり、せっかく張ってもらった自サイトへのリンクも無駄になってしまいます。

ドメイン管理会社

ドメインの管理販売に関わるのは以下の3種類の会社になります。

レジストリ

ドメイン管理の大元の会社です。「.com」や「.jp」などのドメインごとに1つずつあるそうです。

レジストラ

レジストリと一般の利用者の間に入ってドメイン登録サービスを行います。

【 レジストリ <=> 「レジストラ」 <=> 利用者 】

リセラー

レジストラと一般の利用者の間に入り、レジストラのドメインの再販を行います。

【 レジストリ <=> レジストラ <=> 「リセラー」 <=> 利用者 】

※今回の移管先のスタードメインは元々リセラーのサービスのみ提供していましたが、2011年5月にレジストラの認定がされ、同年8月からレジストラのサービスも始まりました。なので現在、例えば.comでは3種類(リセラーとして2つ、レジストラとして1つ)の中から選んで、ドメインの登録ができます。

ドメインの移管

ムームードメインからスタードメインに移管をします。大まかな流れは以下の通りです。

  • 移管元で認証コード取得
  • 移管先で会員登録(Stardomainでは決済情報の登録も)
  • 代金振込
  • 移管手続き
  • メールで承認

ムームードメインで認証コード取得

ドメインの移管をするには認証コードの取得が必要です。

> 認証コード
> whois情報にて「弊社の情報を代理公開にする」を選択されている場合、
> 認証コードを取得できません。
> 「 WHOIS情報変更 」にてお客様の情報に変更されたのちご確認ください。

とのことなので、whois情報の設定を変更します。

WHOIS情報変更

ムームードメインでは「コントロールパネルメニュー」→「ドメイン操作」→「WHOIS情報変更」から変更ができます。

認証コード

変更後は「コントロールパネルメニュー」→「ドメイン操作」→「ドメイン詳細」→対象のドメインを選択→認証コードが表示されているのでメモ帳などに貼り付けておきます。

スタードメインで会員登録

スタードメイン会員登録

スタードメインのページを開き、右上に表示されているログインをクリックしてスタードメインの会員登録をします。

決済情報の登録

左上のメニュー

会員登録後、StarDomain管理ツール画面になります。左上のフクロウのマークをクリックしてNetowlメンバー管理ツール画面に移動します。

決済登録情報

「決済情報」→「登録情報」をクリックして必要事項を入力します。電話番号を携帯のみ登録する場合は、携帯の欄でなく電話番号の欄に入力します。

ネットオウルプリペイドへの入金

「決済情報」→「ネットオウルプリペイド」をクリックして入金を行います。支払い方法は以下の4つです。銀行振り込みやコンビニ払いは手数料がかかります。

  • 銀行振り込み(ジャパンネットバンクのみ)
  • コンビニ払い
  • クレジットカード
  • PayPal
プリペイド残高

必要代金の入金を済ませ、プリペイド残高に金額が反映されたら、左上のDのマークをクリックしてStarDomain管理ツールに戻ります。

移管申請手続き

ドメイン名入力

「ドメインメニュー」→「移管申請」をクリックしてドメイン名を入力します。

チェック結果

「ドメイン名チェック」ボタンを押すと結果が表示されるので、「申請ボタン」を押します。

移管申請画面

ドメイン移管申請の画面になるので、まずレジストラを選びます。

認証コード、暗証番号入力

続けて先ほどメモした認証コードを貼り付け、暗証番号を入力し、規約に同意して先に進みます。

決済の確認

確認画面が出るので、内容を確認した上で先に進みます。

決済完了

決済が完了しました。

ステータス

「ドメインメニュー」→「トップ」で確認できる状態が移管申請中になっています。

上の認証コードを貼り付けるところで、うっかり貼り付け忘れたまま進めてしまいましたが、この画面の「移管進行確認」ボタンから認証コードの入力が行えました。

移管先からのメール

移管申請の約6時間後にNetowlから「【重要】torapo.com のトランスファー申請に関するご案内」という見出しのメールが届きました。

移管承認@移管先

メールに書かれたURLにアクセスし、承認ボタンを押して移管の承認をします。

承認完了@移管先

移管先の承認が完了しました。移管進行状況が以下のように変化しました。

Receipted( 受付済み(初期状態。Netowl, Inc.の処理待ち) )

SentRequest( レジストリ申請済み(レジストリからの結果待ち) )

移管元からのメール

移管先の承認完了から約20分後にムームードメインから「【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡 torapo.com」という見出しのメールが届きました。

移管承認@移管元

メールに書かれたURLにアクセスして承認ボタンを押し、次の画面で決定ボタンを押します。

承認完了@移管元

移管元の承認が完了しました。

移管先からのメールその2

移管元の承認完了から約30分後にムームードメインから「トランスファー申請承認のご連絡 torapo.com」という見出しのメールが届きました。

移管処理完了

移管処理完了

上のメールのあとにStarDomainの管理画面を開いてみたところ、移管は完了していました。6分後にスタードメインからの移管完了メールも届きました。

ドメイン管理ツール

ドメイン管理ツールでドメインの設定の確認をします。上の画像の画面でドメイン管理ツールボタンを押します。

ネームサーバー設定

移管元の設定が反映されており、設定の変更をせずにそのままサイトへアクセスできました。

WHOIS情報

移管した時点で管理会社の代理公開設定になっていました。

移管後の契約期間

移管前のステータス

これは移管前のステータス画面ですが契約完了日は2011/11/30になっています。上の移管後の画面では2012/11/30になっており、移管を行うと元々の契約期間の残り日+1年という処理が行われるようです。

サイトの移転

スタードメインの無料サーバーには以下の特徴があります。

  • ドメインを維持する限りサーバーは無料
  • 独自ドメインが使用可能(というか取得したドメイン専用)
  • 広告無し
  • サーバーの容量が10GB
  • PHP/CGIは不可

ほとんどの無料サーバーでは、そのサーバーを維持し利益を上げるために広告の挿入が必須で、独自ドメインも使えません。ですが、この無料サーバーではそれらの制約がありません。CGIは使えませんが、このサイトは昔ながらのhtmlと画像だけの作りなので問題ありません。

無料サーバー

ドメイン移管後、無料サーバーが使えるようになりました。ドメイン管理画面からサーバー管理ツールに入れます。

サーバーのステータス

初めてログインしたときのサーバーのステータスです。

サーバー管理ツール

管理ツールで色々な設定が行えます。

FTPアカウントの設定

FTPクライアントを使ってファイルのやりとりをするにはパスワードの設定をする必要があります。

FTPアカウント一覧

FTPアカウント設定を選び編集ボタンを押します。ログインボタンを押すとブラウザ上でファイルのやりとりができるファイルマネージャー画面になります。

FTPアカウント編集

パスワードの入力をし、次の画面で確定ボタンを押します。

FTPクライアント設定

FTPクライアントでこれらの設定を入力すればサーバーにアクセスができます。

FTPクライアントでのログインとデータのアップロード

FFFTPでログイン

FFFTPでアクセスしてファイルの確認ができました。あとは普通に操作ができるので、既存のサイトのデータをダウンロードし、そのままこちらへアップロードします。

ネームサーバーの設定変更

DNSの設定変更

ファイルのアップロードが完了したら、ネームサーバー設定画面で下の方にあるお手軽設定でスタードメイン専用を選択します。すぐに反映されないのでしばらく待ちます。今回は3時間程度で反映され、無料サーバーのデータが参照されるようになりました。

移管後

サイトの維持費

移管前のドメイン管理会社はムームードメイン、レンタルサーバーはさくらインターネットのライトプランを利用していました。表の金額は1年ごとの費用になります。

ドメインサーバー合計
移管前950円1500円2450円
移管後920円0円920円

元の維持費の約4割と半額以下の費用になりました。

2014年の増税で920円(5%税込)から920円(税抜)で約1000円となりました。

サイトのパフォーマンス

サイトのパフォーマンス

ウェブマスターツールの中にあるサイトのパフォーマンスのグラフです。サイトを開いたときに表示されるまでの待ち時間情報を示します。8月末にサイトの移転を行いましたが、それ以降も大きな変化は見られません。

会員登録の解除

登録したままというのも何ですので、忘れないうちに会員登録情報の削除をしておきます。

ムームードメイン退会

  • ムームードメインのHPにアクセス
  • 上部にあるタブ「コンパネ」→ログイン
  • 左のメニューの「ユーザー登録情報」を開く
  • 下の方にある「退会」ボタンを押す
  • 確認メッセージが出るので同意すれば退会
元々の期間経過前

ドメイン移管後もしばらくこの表示のままで、元々契約した期間が経過しないと表示が消えないようです。この状態で上記操作を行っても退会できませんでした。

元々の期間経過後

12月になってログインしてみると表示がなくなっていました。この状態で上記操作を行ったところ退会できました。

さくらインターネット解約

サーバーのレンタルの解約手順です。

  • さくらインターネットのHPにアクセス
  • 上に表示されている「会員メニューログイン」
  • 上部にあるタブ「契約情報」
  • 「契約サービスの確認」
  • 契約中のサービス一覧の「手続き」にある「解約」ボタンを押す
  • 案内に従って進めていく
  • 「[解約申請] 手続きの確認」と「解約手続き完了のお知らせ」のメールが届く

さくらインターネット退会

会員登録情報の削除手順です。上記操作を行っても元々契約していた期間はそのままサーバーが使える状態が維持されるので、契約期間が過ぎたあとに行います。契約期間が終わるまではメールを出しても会員登録情報の削除は行えません。

  • 「[000761]会員登録情報を削除したい。」を開く
    http://sakura.cb-faq.com/faq/public/app/servlet/relatedqa?QID=000761
  • ページに書かれている内容に従ってメール送信

契約更新

ドメインの契約が切れる約2ヶ月前に以下のメールが届きました。

当月が契約更新月となっております、ご利用中のサービスにつきまして、
当月15日以降に請求書の発行および、ネットオウルプリペイド残高から
引き落とし処理による決済が行われます。

メールの要約

更新月

  • 有効期限2ヶ月前が契約更新月
  • プリペイド残高があれば更新月の15日以降に引き落とし
  • なければプリペイドを追加購入してチャージすること
  • 解約申請は契約更新月の14日まで

更新月は期限の2ヶ月前で早めに感じます。プリペイドがチャージしてあれば自動引き落としがされるので解約はその前に行う必要があります。

支払いが遅れたら

  • 料金の引き落としが行えないとドメインは期限日に失効
  • 期限間際のチャージはドメインを失効する可能性がある
  • なのでプリペイドのチャージはお早めに

更新月は2ヶ月前ですがチャージを後回しにすれば、1ヶ月前ぐらいまでは契約を続けるかどうか検討できます。

入金

プリペイドをチャージして更新の準備をすることにします。

ログイン

https://secure.netowl.jp/netowl/にアクセスしてログインします。

ネットオウルプリペイドへの入金

最初に入金したときと同じように、「決済情報」→「ネットオウルプリペイド」をクリックして入金を行います。

入金前後

請求金額の入金が反映されたら、後は自動引き落としで更新が完了するはずです。