Seasonic SS-300SFD

[ 2013 / 08 / 21 ]

分解をしてファンに注油します。

SS-300SFD

SS-300SFD スペック

SeasonicのSFX電源です。発売は2005年頃と古いですが、2013年現在も新品が販売されているようです。80PLUSの公式ページには以下のようなデータが記述されており、80PLUS Standardの基準を満たしているそこそこ効率がよい電源です。

20%50%100%Rating
80%80%80%Standard
SS-300SFD81.30%83.83%80.80%Standard
82%85%82%Blonze

他のSFX電源と比較

他の電源と比較手前 他の電源と比較横

他のSFX電源と比較すると同じサイズですが、ファンの部分だけ9.3mmほど飛び出しています。

取り付けられないケース

スペースがないケース スペース無しケースファン付近

画像のようなSFX電源のそばにスペースがないケースには、ファンが当たってしまって取り付ける事ができません。

上下逆にすれば取り付けられるケース。

スペースがあるケース ファンが上下逆に

スペースがあっても上下逆さまにしないと付けられないケースもあります。

ファンに注油

長期間使用するとファンから異音が出てくる事があります。そんな時にファンに注油をすると改善する事があります。保証期間内の場合、分解はやめた方がいいです。

分解

ネジ位置表 ネジ位置裏

筐体を開くには裏表のネジ4つを外します。

筐体をスライドして外す ファン部分を分離

ネジを外したら筐体をスライドさせて開きます。

ファン止めるネジ4つを外す ファンガードを外す

ファンガードの4隅にあるネジを外すとガードが外れます。

注油

ファンの隙間 ファンの隙間へ注油

使われているファンはCHA8012CB DC12V 0.17Aです。埃をブロアーなどで吹き飛ばし、ファンの隙間にシリコンスプレーで注油します。シュッシュと吹いたら少しファンを回しつつ全体に吹き付け、注油後はファンを手で軽く回してなじませます。

シリコンスプレーはホームセンターなどで数百円で購入できます。潤滑剤の定番クレ5-56はプラスチックにダメージを与える可能性があるので、ここでは使わない方がよいでしょう。

組み立て

スライドさせてファンを組み込む ファンを組み込み

画像のような並びにして、ふたをスライドさせてファンを組み込みます。

ファンガードの取り付け ふたを移動

ファンガードを取り付けてネジ4を締めます。

ふたの取り付け 切り抜きにケーブルを納めつつふたをスライド

ケーブルに気をつけつつふたをスライドさせて取り付けます。あとは表裏のネジ4本を付けて終了です。