Trackball Opticalのスイッチ交換

[ 2008 / 08 / 13 ]

接点洗浄をしてもダメなスイッチはハンダを使って交換する必要があります。他にタクトスイッチをマイクロスイッチに交換してクリックの改善もします。

マイクロスイッチの調達

マイクロスイッチ

交換用のマイクロスイッチは適当なマウスから取るか、
オムロンFAストア
マルツパーツ館Webshopなどで調達してください。

部品の情報はオムロン電子部品情報サイトからどうぞ。

ハンダの除去とスイッチの取り外し

スイッチのハンダ付け箇所

TBO分解を参考にホイールやスイッチが付いている基板を外し、手前にひっくり返します。

スイッチの足の位置は画像を参照してください。今回は左ボタンのスイッチ交換を行ってみます。


基板をテープで固定

作業の前に基板をテープで固定します。そのまま行うと基板が揺れてやりにくいです。


フラックスを塗る

まずフラックスを塗ります。


追いハンダ

フラックスの後にハンダを盛り、追いハンダを行いました。


ハンダ吸い取り

ハンダ吸い取り器でハンダを吸い取ります。


スイッチの撤去

半田の吸い取りが終わったら基板を表面にしてスイッチを引き抜きます。

スイッチの取り付け

基板にスイッチを差し込む

空いたところに交換用のスイッチを差し込みます。


スイッチの固定

スイッチを差し込んだらテープで固定します。


基板の固定

再び裏返し基板をテープで固定します。


フラックス塗り

フラックスを塗ります。


ハンダ付け

ハンダ付けをします。


作業完了

スイッチの交換が完了しました。元通り組み立てて終了です。

タクトスイッチをマイクロスイッチへ交換

マイクロスイッチとタクトスイッチ

マイクロスイッチのボタンを押す前は1と3、ボタンを押した後は1と2がつながります。

3をカットするとタクトスイッチの代わりになりそうです。


マイクロスイッチの足のカット

ニッパーで足を一つカットします。

カットする足を間違わないように気をつけてください。


足をカットしたマイクロスイッチ

足が2つだけのマイクロスイッチができあがりました。


左サイドボタンのハンダ吸い取り

左のサイドボタンのハンダを吸い取ります。

作業の流れは前の項目と同じなので適当にカットしていきます。


左サイドボタンのスイッチの除去

左サイドボタンのタクトスイッチを外します。


左サイドボタンへマイクロスイッチの取り付け

左サイドボタンの位置に交換用の足をカットしたマイクロスイッチを差し込みます。


左サイドボタンのハンダ付け

左サイドボタンのハンダ付けを行います。


右サイドボタンのハンダ吸い取り

右サイドボタンのタクトスイッチを外します。赤丸の部分のハンダを除去します。


右サイドボタンのスイッチ交換

右サイドボタンのタクトスイッチをマイクロスイッチに交換します。


右サイドボタンのハンダ付け

ハンダ付けを行います。


全てマイクロスイッチに

これで全てのスイッチがマイクロスイッチになりました。