ユニーク Livina ML001G[ 2015 / 07 / 09 ]

分解をします。

目次

外観

ML001G表 ML001G裏

単4電池2本で動く4ボタン光学式トラックボールです。

電源スイッチ レシーバースロット

側面に電源スイッチが付いています。下側にレシーバーを収納できるスロットがあります。

電池ボックス

背面の蓋を開けると電池ボックスが出てきます。

分解

ネジ位置

電池ボックス内にネジが3本あります。

ヘラでこじ開ける 折れた爪

ネジを外し、手で隙間を付くってヘラを入れてこじ開けました。開ける時に内部の爪が1つ折れてしまいました。

凹 爪の位置

上の爪は左の画像のような枠に収まって固定されています。写真で見るとこちらもダメージが入っていました。爪は上部に4つあります。

こじ開けるのではなく、テレホンカードなどの薄い物を隙間から入れれば、爪を折らずに外せるかもしれません。

筐体を開く 基板に固定された土台

ボールの土台は基板に固定されています。

ボール直径 ボール質量

ボールの直径は14mm、重さは9gです。

支持球 支持球直径

3点支持で支持球の直径は1.94mmです。

基板を外す ボールクリックの仕組み

基板は持ち上げると外れます。

この機種はボールを押すクリックがありますが、ボールを押すことで基板が前後し、それをバネが補助しています。その動作で筐体前面の内側上部にある出っ張りが、基板上部にあるスイッチを押下します。

バネは特に固定されていないのでなくさないように気をつけます。

ホイールを外す 土台を外す

ホイールはロータリーエンコーダから引っ張れば外れます。ボールの土台は基板裏側のネジ3本を外せば取れます。

基板表 基板裏

基板の表裏です。

センサー スイッチ

センサーはレンズと一体になった形状をしています。すべてのスイッチはYSAと書かれた、2本足で小型のマイクロスイッチが使われています。